うさぎの日々是々

日々の呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

待ってーー置いていかないで~!

そんなにトバしたら、ついて行けないっす…

息切れしながら、『ちょ、ちょ…ちょっ…と……待って……』と、倒れそうになりながら見ました今日のLA。


最初はWC。
今日もNるのピタ自慢が聞けて(しかも本人がいないところで他人に自慢する)ニヤニヤしました(笑)
『あんたと違って、俺には信頼できるパートナーがいるんだ』だってー。
そして2週間後(来週はお休み)は、PターがNるの宿敵に誘拐されちゃうという、FFのような展開のエピです。
Pが檻に閉じ込められてるーー!
予告ではひたすらNるが、『Pター!Pター!!Pターー!!!』と絶叫していて、『Pたーはどこだ!!』と怒鳴って敵に摑みかかるとか、まあ沸騰しそうな展開テンコ盛りな予感。

次に本家。
まさか…けいとネタがここで来るとは…。
今日のエピはまさに『けいとに捧ぐ』という感じの話でした。
やっぱりけいとっていいなーー。
けいとの死と、メンバー全員がどう向き合ってきたか(来なかったか)を、色んな角度から見せてくれて、もうね…………泣きました。
最後のぎぶのベースメントのシーンなんかもう。
本家って、こういうふうにキャラクターをずーーっと大切に描いてくれるから、好きなんですよね~。長く続いているシリーズならではの醍醐味なのかもしれないけど。
なかったこととか忘れたことにされないで、すべてが今いるキャラクターの中に「経験」や「記憶」や「傷」として残ってるんだというのが、ちゃんと描かれるんですよ。
本家の貫禄だなあーーー。


というわけで。
ひとしきり語ったところで、問題の(?)LA。

先週の続きからです。
可憐の家(一軒家に住んでるとは!予想外。でも最初は空き家なのかと思いました…だって何にもないんだもんよ)に侵入した男を捕まえて、車のトランクに突っ込み、道路を走る可憐の後ろに白バイ警官。

しぶしぶ止まってみたら、アンダカバー中のSむだった……

あーーそれで予告でSむがハイウェイパトロールの制服を……っていうか!

G『お前とモーを助けられなくて悪かった…』

と謝る可憐にSムったら……

S『モーのことはいい。謝ったって奴はもう死んだんだ。(犯人はきっと捕まえる、と言うG)いつだ?今朝だって、俺はお前が来るのを待ってたんだ。本当なら2人で一緒にバイクに乗ってたはずだ(ここで”へ?!可憐を後ろに乗せて?!”と馬鹿な想像が駆け巡ってしまいました)。でもお前は現れなかった。だから俺は一人で仕事してたんだぞ。Sealってのはなんでチームで動くか知ってるか?お互いにお互いを守って助け合うことが、任務を成功に導くんだぞ?』

と、まるで夫に黙って家出した妻を見つけて説教垂れるかのごとく、まくしたてるまくしたてる……

………でさぁ……Sむ。
ハイウェイパトロールの格好してアンダーカバーで仕事中なのに、なんで車を走らせてる可憐を、道端で捕獲できたわけですかね???
まさか、仕事中に、可憐のこと探して回ってたわけ?
それって明らかに職権濫用では?!!

無事可憐を捕獲し、ついでに家宅侵入者も手に入れたので、sむってばあっさり任務中断。
可憐の家に夜中に侵入したという不届きな男を痛めつけるため(嘘です)LA支局に引き上げちゃいましたよ!

そして侵入者の正体は、なんと…というかやはり、というか…可憐ファンの元KGB、Aルカディの手下でした。

え?
なんでかって?

Aルカディは、可憐さんがちゃんとお家で暮らしてるかどうか、部下に見張らせてたらしいです…>あながち嘘でもない
侵入したのは、可憐さんの気を引いて、自分とこに来させるためでしたよ!>マジです

これでAルカディ、LA支局全員を敵に回したね。

Aルカディは、自分の商売敵の国際的密売組織を可憐に(というかNC1Sに)潰してもらうため、手掛かりを与えます。おまけに、可憐さんの隠し撮り写真を見せて、『コレ、誰が撮ったか知ってるもんねー。俺の頼みを聞いてくれたら教えてあげてもいいよー』とのたまいます。

なんか、もうそれだけでイヤラしいんですけど?!

……っていうかーーーーー。
単に可憐に連絡したいなら、電話とかメールとかお手紙出せばいいじゃん!
住んでる家知ってるんだからさ!
夜中に部下とか侵入させて何する気?!
何か印象づけようと狙ってるの?
……とか色々考えさせられました。

まーそんなわけで、隠し撮り写真で強請られた(ようなもんだ)ことをヘティに隠して、可憐はLAチームを率いて国際密売組織のインド人資産家の周辺を調べ始めます。

良く当たる占い師に化けて、インド人資産家に近づくKンジー姐さん。
いつ見ても美人で男前だ。

結局、Aルカディがインド人資産家の元に送り込んだ部下は、両方を裏切っていて、自分が利益を独り占めしようとしてた模様。

Aルカディからもらった『激撮!見返り可憐隠し撮りスナップ』についてた指紋から、なんとかいうセルビア人が浮上。(名前難しすぎる…グなんとかボ…)
可憐が突き止めた住居に行くと、なんと喉を掻き切られて死んでました。
作業机の上には、可憐の手元にある鉛の兵隊と同じ人形がたくさんあって、死んだ男の手首にあった刺青は、可憐の記憶にある『お人形をくれたおじさん』のものと同じだったのです。
果たして、そのセルビア人が本人だったのか、同じ刺青の人物が他にもいるのかは判らず。

肝心のミッションのほうも進んでいて、罠を仕掛けた取引場所に向かう車に、インド人資産家と一緒に乗ったKンジー。
それを後ろから尾行するSムとDくす。
可憐は、別の取引場所でAルカディを捕まえるため、単独行動。

もうさーーー………
Sムったら……イライラし過ぎですから!!
Dクスじゃなくても『What's your problem?!』と言いたくなりますって!

D『離れないようにしてよ』
S『わかってる』
D『近づきすぎると危ないよ。少し徐行して…』
S『次のカーブで徐行したらお前をたたき出してやる』
D『何か問題でも?!』
S『お前が問題なんだよ!』
D『はあ?』
S『俺のパートナーが一人で敵に向かってる時に、オレはお前と一緒にここに釘付けになってるんだ!』
(Aルカディに会いに行った可憐が心配で心配でたまらないって言うことデスヨネそういうことですよねそれでいいんですよね)
D『こっちだって大事なパートナーが銃を持った悪党3人に囲まれて車に乗ってるんだぞ?…どうやら俺達が抱えてる問題は同じってことだね』
S『そうだな』
D『じゃあ、お互いにパートナー同士の振りをして、早いところ俺達のパートナーを助けよう』
S『…ああ』
D『だからって、俺達がパートナーになるってわけじゃないからね!』


…………ねえ…Sむ……Kんじーも仲間でしょ?
…………可憐のほうが大事なの?

当たり前か!

そうだよねKンジーより可憐のほうが大事に決まってるよね。
疑問に思った私が悪うございました…!

無事、インド人を逮捕したものの、可憐と連絡が取れず、焦るSム。
もちろん支局のヘティもEリックも焦りまくる。
みんなどんだけ可憐が好きなの?!

H『今どの辺りにいるの?』
S『向かってます!!全速力で!』
(『Driving! Fast!』て超焦って言ってるし…)
H『(Eリクに向かって)青信号にしてあげて!』

…………可憐を助けに行くSムのために、信号を操作して全部青にしちゃうってことですよね。
そんなことが許されるのかLA。
もちろん可憐のためなら許されるんだろう!>もうヤケクソです

一方可憐。

取引先に現れたAルカディと共に、謎の一味から銃撃を受け、追い詰められてしまいます。
もう弾があと4発しかないよーー!
……という間一髪の瞬間、颯爽と車で突っ込んできたSム(とDクス)。
悪者一掃。
Aルカディは…可憐が見逃してあげて、めでたしめでたし。

そりゃもう可憐が無事だったんだから、めでたしめでたしだよネ!

そして。
展開されるイチャイチャっぷり。

G『今のは相当ギリギリだったな!』(と嬉しそうな可憐)
S『一匹狼を気取ってて、危なくなったら俺が助けに来ると思ってたのか?』
G『だってパートナーってそういうもんだろ?』
S『図に乗るな』
(こいつも嬉しそう)

見詰め合ってます。
2人の世界です。

S『ヘティにはお前が説明しろよ』(Aルカディを見逃したことについて)
G『奴は泳がせておくほうが役に立つ。それに今回ので一つ貸しだ。……お前にもな』
S『それを言うなら1つどころじゃないぞ。軽く20は越えてる。俺が数えてないのが幸運だったな』
S『お前が数を数えられないのがラッキーだったよ』


見詰め合ってます。

……なんだか抱き合いそうな雰囲気。
………いやーーーまさかね。
…………いくらLAでもそれはな…

(以下ぷろれす中継の実況アナ風に)

ロータッチの握手から…!
Sムが可憐を引き寄せたーー!!
そのままHUGに持ってったーーー!!!
可憐がSムに寄りかかったぁーーーー!!!!


ちょ……ちょっ…ちょっと待って……待って……そんな唐突に突っ走られたらついていけな………


そして、そんな2人を遠巻きに見守るDクスとKンジー。

D『俺たちも、いつかあんな風に幸せになれると思う?』(happyって…happyって言ったし!)
K『ええ。一緒にならない限りはね!あなたとではないけどね』(Just not together.ってどういう意味?→ともぞーさんグッジョブ!)

まるで、

幾多の困難を乗り越えてようやく一緒になれたカップルを、遠巻きに(ちょっと羨ましげに)見守る良き友人

っていう雰囲気なんですけどーーー。

私の目、どうかしてますかね?
それとも何か幻でも見てるんですかね…?


あーーそういえばドサクサに紛れてすっかり忘れてたんですが、
可憐さんをストーカーしてたのは、殺された刺青のセルビア人だった模様ですが、そいつに調査を依頼した黒幕は、密売組織のインド人資産家だったらしい。
可憐はそのインド人のことをまったく知らなかったけど、向こうは可憐のことを知っていた??

まだまだ謎ばかりです。

ん?

結局、可憐さんの過去って、何一つ解明されてないんじゃん!!!

衝撃の事実がわかったところで、以下次週を待て!!



…………今日も疲労困憊しました………
  1. 2011/02/09(水) 20:37:33|
  2. 海外ドラマ
  3. | コメント:2
<<Tvガイドマガジンのお2人 | ホーム | 何処へ行くかなあWC>>

コメント

凄いよ可憐さん!(の周りの人達)

何で皆そんなに可憐さんのことが好きなの?!
いや、言わなくていい、知ってる・・
LAって愛の国なんだよね!

こんばんは、守宮さんv
守宮さんが疲労困憊する気持ちがよく分かりました。
私程度の妄想機関車では到底追いつけないLAの疾走ぶり。
ただシーズン2の発売までは死ねないと心に誓うのみです。
可憐が傍に居ない時のサムのイライラっぷりと
周りの理解度が凄いですね(笑)
そしてまだわけの分からない連中が可憐を狙っていると・・
可憐親衛隊は気が休まりませんなあ~♪
ところで、見返り美人可憐たん隠し撮りスナップは通販可能でしょうか?
  1. 2011/02/14(月) 01:26:50 |
  2. URL |
  3. ユッキ #yITJV.ZM
  4. [ 編集]

完敗です

>ユッキさん
ほんと、ハジも外聞もないというのはこのことだ!(笑)
どこまで可憐至上主義を貫けば気が済むのか…といちいち反応するのもバカバカしくなるぐらい、LAのみなさん、芯が揺るぎませんね!
もう可憐命可憐大事可憐が一番!なんですよね……。

いや、薄々そうなんじゃないかとは思っていたんですが、LA支局の名誉?のために、最後の砦と思ってスルーしてたんです。
が、今回これほどまでに見せつけられてしまっては、言い訳も立ちません。
完敗です。
LAはユッキさんおっしゃる通り”可憐親衛隊”でいいです。それ以外の何者でもない(笑)。

見返り可憐隠し撮りスナップは、きっとSムが押収して、厳重に保管してることと思います。誰にも見せてくれないでしょう……
心が広い”おふくろさん”Sムですが、可憐のことになると途端に心が狭くなりますから…(笑)
  1. 2011/02/19(土) 16:17:52 |
  2. URL |
  3. 守宮 #Y/TjVFFM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

守宮兎

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Category

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。