うさぎの日々是々

日々の呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コメントお返事&ラブい2人

拍手下さいました3名様、ありがとうございますーー

続きにコメントお返事です。


>しゆいさん

いらっしゃいませーーーいつも遊びに来てくださってありがとうございますっ。
WC話ができて、こちらこそ嬉しいです!
シーズン2最終回、ストーリーに関する盛大なネタバレは避けましたが(笑)ピタニルに関しては、吐き出さずにはおれませんでした…。

お約束の告白シーンもあったんですよ~。
2人で爆弾解体するシーンで、

N: "Wait, Peter... in case this doesn't work..."
P: "Yeah... me, too."


多分100人のフジョシが見ていたら、100人が同じセリフを想像したことでしょう。
ニルってば「I love you」って言いたかったんでしょっ!
そして、Pタってば「Me too」なんだよねっ!
…と思ってたら海の向こうの掲示板で、まるで同じ反応をしてる人たちをたくさん見かけました。
フジョシレーダーには国境も到達限界もないんだなと改めて思いました(笑)

>どんでん返し・・・・心臓に悪いです・・・。

色んな意味で…はい。心臓がバクバクでした。
ドラマ見てて、こんなに心臓がばくばくしっぱなしなのって、生まれて初めてです。
どうぞご覚悟されますよう……南~無~

おっしゃるとおり、あの2人が信じあえないのって、見てて悲しくなっちゃいますよね~。
でもあからさまにイチャつかれても別な意味で心臓に悪いけど(笑)。>どっちやねん!

>ううううう。どっちがどちらに不信を抱くのか? 両方っぽいですが・・・。

ピタがニルを疑うんですね。宝物を盗んだと思って。
で、ニルは『僕はやってない。あんたには嘘はつかない!』って言うんだけど…ピタは……。

……というわけで、プロポーズまでしたくせに(違)婚約解消(笑)。
ヨリは戻るでしょうが、前途多難?
緊張感もあってこその2人なので、それは楽しみなんですが。
皿の存在のおかげで、どうにも喜びきれない。ニルとの関係のみならず、Dいあな、ジョンズ、Moズ、Pタにエル、そしてニルというバランスが取れたWCファミリーに皿が入ってくると、どうもしっくり来ないんですよねぇ…。反りが会わない感じというか。
でも、そんな風に感じるのは私だけかもしれないしーーー。
しゆいさんが実際にご覧になられたら、是非また感想を伺いたいです!

>ともぞ~さん

いらっしゃいませ~~!
なんのなんの、どんどんチャチャ入れてクダサイ(笑)WCを語れる人が相変らず少ないので、どんなコメでも、砂漠に水がしみこむがごとく(笑)有り難いのです。

>"ベッドイン寸前を永遠に見せ続けること"がテーマって、キャラにとっても、視聴者にとっても物凄ーい焦らしプレイですよね(^^;;

そうなんですよねー。しかもこの「ベッドイン寸前」発言をしたのは、ピタ役のTィムさんご本人なんですから、もうぶっ飛びですよ!
そしてそれが、ジェフ.E含む製作陣のデフォルトとなっていると……。

>いつみても美しく、可愛らしく、シーズン3も超安心の見目を保ってくれる主人公さま。それだけでも、うらやましいというか、尊敬に価しますー!

すいません爆笑してしまいました。
そうきたか!!!(笑)
確かに、Mットが美しくないとWCという番組が成り立たないですから責任重大なんですよね。

WCというドラマの魅力は、とにかく、いかにMット・ぼまーを美しくカッコよく見せるか、という点に尽きるのでじはないかと最近、再認識してます。
個人的には、WCはドラマ全部がmットのために作られている、彼をハリウッドの大舞台に売り出すための壮大極まりないプロモビデオみたいなもんじゃないかと。
もちろんキャストも豪華だし、話の面白さもピタニルの萌え具合も魅力の一つではありますが、すべての中心はMット。はっきり言って、WC以前のMット、お世辞にも売れっ子じゃなかったのに、未だ海の物とも山の物ともつかなかった彼を主役に据えて、芸達者な役者陣を脇に持ってきて、WCというドラマを作り上げちゃった。
その背後にどれだけの『MットLOVE』が詰め込まれているかと思うと、絶句する思いです。

製作のジェフEは自称「世界一のMットファン」なので(笑)、要は、MットファンがMットのために私情も入りまくりで製作してるドラマとも言えるんじゃないかと、最近思います。
だから、何かと言うと脱がせたがるし(笑)Mットが歌が上手いとなればドラマで早速歌うシーンを入れるし。セクシーなシーンが見たい、となれば女を登場させる。
すべてはMットの魅力をこれでもかと登場させるための手段にしか思えなくなってきました。

シビアな目で見れば脚本が破綻してることもあるし、その話はどうよ?と思うこともあるし、英国ドラマのクオリティの高いのを見ちゃうと、WCの話なんて子供だましにしか見えないこともある……けど、ニル(Mット)が美しくてカッコよければ、すべてOKになっちゃうんです…。
納得行かない気もするけど、まあいいか…っていう気分になっちゃうんですよね。
きっとそれがWC製作陣の狙いなんだわ…。
そして、まんまと奴らの手中で踊らされてるんですね私


最新のラブいツーショット。
(ちなみにTィムさんの顔が赤いのは、風邪引いてて熱があったらしいです…Mっとに看病してもらったらいいよ!)

love2

何でか、いつも見詰め合ってるこの2人…。
2人で出るインタビューでも、インタビュアーが何か質問するたび、MットはTィムに顔を向けて、二人でアイコンタクトを取りながら答えたりするんですが、インタビュアーのおねーさんに、『あなたたちって、何か聞かれると、必ず2人して見詰め合ってから答えるのねーー!可愛いわぁーーー!!!』と大うけ(大ツッコミ?)されてました…。
証拠ビデオ

ttp://www.youtube.com/watch?v=3yLOIJLZaDQ&feature=player_embedded#at=175

Mットが、インタビュアーを見つつ、頻繁にTィムに顔を向けて振り返るので、すごく忙しそう(笑)
でもTィムが話してるときに、じーっとTぃむを見てるMットがこれまた可愛いかったりします。

残念ながら今回は、こんな鼻血もののツーショットは流出しませんでした…。

unlikelypartnership
  1. 2011/03/10(木) 13:12:16|
  2. 拍手・コメントお返事
  3. | コメント:0
<<カナダより | ホーム | ようやく心の平穏が…>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

守宮兎

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Category

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。