うさぎの日々是々

日々の呟き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おとんとおかん?

いや、おかんとおかん。もしくは、おとんとおとんでもいい。

今回は、いかにも先輩って感じのサム可憐ず。

そして、けんじー姐さんは、Dクスが相棒でよかったねーー!というお話。


ちなみに本家のほうは、GブスとFB1が、いかに長年連れ添ったぬかみそ夫婦なみにお互いのことを知りつくしているかというのが、改めてわかる微笑ましいエピでしたよ。
スキだなーーFネル。
以前のエピで、フリルエプロンつけてGブスにイタリアンパスタを作ってあげてた姿が忘れられません。
そして、つまみぐいしようとするGブスの手をペチッとね…!!
時にこういう爆弾を落としてくれる本家、破壊級はLAを軽く超えますね。
さすが。



大荷物で出勤してきた姐さん、みんなに「また男と別れたのか」とからかわれつつ(でもホントだったらしい)、「個人用サバイバルキット」を配ります。なんでも昨日地震があって、備えは大事!と考えたのだとか。(日本からしてみたらすごいタイミングだ…)
でも、他の3人「地震?」ポカーン…ていう反応。
「ちょっとナンなのあんたたち、大きな地震だったじゃない!」と主張する姐さんに、

可憐「走ってた」
さむ「熟睡してた」
Dクス「地元っ子は震度6以下じゃ起きないの」


ある意味、サバイバルの達人さむかれんずに必要なのかと思わないでもないですが、それぞれ中身が違ってて姐さんなりの気遣いが。
さむさんにサバイバルナイフ入り。
Dクスには……日焼け止めとフード付きふわふわ毛布とリップクリーム…
理由は「だって、あんた弱っちいでしょ」(爆)
Dクス、「俺は弱っちいんじゃなくて、繊細なの!唇が荒れるのだって砂漠に住んでるからだし!」

しょっぱなからDクス可愛すぎる。
そして、もうみんなからのオモチャ状態。

今回登場した、お金持ちのぼっちゃんで、有名大学で美術史を専攻、なのに、世界的大泥棒になった色男。美術品専門に狙う泥棒で、FB1にも追われているけど一度も掴まったことがない……東海岸にいるだれかさんを髣髴とさせるキャラですが、組んだ相棒を、仕事が終わったら全部始末するという冷酷無比な輩でした。
だれかさんとはえらい違い。
そして、なんと演じていたのは、ぶレナン! むーたんとXの電気男じゃないですか~!
島で連続殺人が起こるドラマでも、チョイ悪の色男役で、あっさり殺されていたっけな…。

ちなみにEリックにもちゃんと、ラッパ入りサバイバルキットをあげてる姐さん。

捕まえた容疑者が超オシャベリ男で、延々としゃべりつづけて、姐さんとDクスも根負け。
「もおおおガマンできない!」と当たり散らす姐さんを横目に可憐さん、

「いい加減慣れたと思ってたけど?」

皆の視線を感じたDクス。
D「何それ?おれのこと言ってんの?俺がしゃべりすぎだって言うの?あんなに文句タラタラたれたことなんて一度もないよ。それにみんなから、あなたすごくチャーミングね、もっとたくさん喋って、って言われるんだから。わかったよもう黙るし」

そして、今回は姐さんがアンダーカバーとして、泥棒キングの相棒になるべく潜入。
ああっ!姐さん危ないかもっ!!
っていう場面で、Dクスが慌てる慌てる(笑)。

D「助けにいかなきゃ!」
可憐「大丈夫だ。合言葉を言ってない」
D「撃たれそうになってるのに合言葉なんて!」
S「彼女は大丈夫だ」
D「俺はパートナーだ、あんな声の調子は聞いたことない。きっと何かマズイことが起きてるんだ」
可憐「あれは、相手を誘惑しようとしてる声さ。多分お前は聞いたことがないだろうけどな」
D「(がーーーーん)……」

無事だった姐さん、作戦続行です。
が。
気になって仕方ないDクス。

D「さっき、誘惑しようとしてるって言ってたけど、正確に言ってどういうこと?」(どういうこともこういうことも誘惑しようとしてたんだってば(笑))
可憐「嫉妬してる?」
D「まさか!彼女は相棒だし!」
可憐「へっへっへっ!」(ほんとにこんなふうに笑ったんですよー!もう超ウケた!)

このときのさむかれんがねーー、もう「とっくに乗り越えたけど俺たちも同じ経験したんだよね。だから、おまえが何をどう感じてるかよーーーくわかるよーーふふ~」っていう含みを持ってる様子にしか見えないんすよねー。
2人して、ニヤニヤしながらDクスを見てる姿が、『過去の自分たちをDクスたちに重ねてみている』というような雰囲気。
すいませんね根っから腐なもんで~。
でもさむかれんならありえる。。。と思わせてしまうLAはやっぱりすごいわ。

そして、今回、まったくスポットはDケン(Dくすとけんじ)に当たっているというのに、それを外側から包み込むかのようにさむかれんテイストが拡げられているのとかもスゴイ。

まあ、そんなわけで、今回は、けんじーを心配してオロオロするDクスと、それをなだめつつ任務に集中させる先輩夫婦と、相変らず男前な姐さんという、黄金三角なエピでございました。

ラスト、仲良く食事に出かけていく先輩夫婦。
そのやりとりがまた、毎日毎日毎日毎日ずーーーっとこうやって過ごしてきたんでしょうねーーというのが垣間見えるぬかみそっぷり。

さむ「血のしたたるようなポートベローがいいな。Tボーンステーキとか。そういえば、そろそろトリュフの季節かな?」
可憐「おまえはいつもそうやって説得しようとするけどな、これだけははっきりさせとくぞ。バカ高いキノコなんかごめんだ。ニワトリ以外の卵もダメ。俺やお前よりも年食ってるスコッチとかもヤダ」
さむ「ならシーフードタワーはどうだ?」

そうじゃないかとは思っていたけど、なかなかグルメなさむさんです。
そして、可憐にもいろいろ試させようとした過去があると見た。
でも結局可憐は、ハンバーガーにフライドチキンにビールにピザ、という味も素っ気も色気もない食生活を好む「お子チャマ舌」なので、胃袋から変えようと(笑)したさむの努力は無駄だったということです。
が、トライするのだけはいつまでもやめないんですよね。
うーん、今回、サイドに回って出番少なかったはずなのに、なんでこんなに妄想を膨らませてくれるんでしょうかLA。

Dケン組ですが、泥棒キングに殴られたあごが痛くて早々に帰った姐さんを心配したDクスが、自分用にターキーバーガー、姐さん用にスムージー(噛めないから)を持って姐さんの家を訪ねます。
殴られた姐さんの代わりに、泥棒キングをぶん殴って右拳を痛めたDクス。「代わりに開けてよ」と仔犬目線のDクスに頼まれて、ビールのフタを明けてあげる姐さん。
そしてふたりで、「アメリカズ・ネクスト・トップモデル」(笑)を見ているという、とても心温まる微笑ましいラストシーンでございましたことよ。

根っからの腐根性な人間なものですから、あんまり男女コンビに心をそそられることはないのですが、このDケン組は別格。すごくいいです。もう見てて微笑ましくてたまらない。Shipperになる気はないですが、この2人のこういうやり取りはずっと見て行きたい気がします。
そして、実は辛い過去や家族との悲しい思い出が色々ある姐さんですが、Dクスは、そういう部分を癒してあげられる(きっと本人は無意識になんだろうけど)子だと思います。Dクスが相棒になって、本当に良かった~!と思います。
S1の頃はまだ危うい部分もあったけど、S2になってコンビぶりが板についてきて、姐さんの奥深い部分に隠されてる傷の痛みが、ちょっと楽になったんじゃないかしらと感じます。

主要登場人物がみんな好きで、みんながそれぞれエピの中で、あるべき果たすべき役をきちんと与えられてて、出番が短くても見てるほうにそういう不満を感じさせない。
そういう脚本が書けるLA製作陣のクオリティの高さをも感じる昨今です。


比べちゃいけないんですがWCは、はっきり言って主人公二人の魅力で支えてるようなもの。脚本のアラもふたりが出てるとあまり気になりません。というか、ふたりにばっかり気がいって、考えてる余裕がない(笑)。
けど、冷静になってよく考えてみると、いろいろと辻褄が合わないところがある。
「あれ、NルったらPに嘘はつかないんじゃなかったの?」と、前に出てきたキャラ設定が崩れたり、「あれ、FB1に追われてる間も毛糸とは連絡とりあってたんじゃなかったの」とか「毛糸と一緒にヨーロッパに行ってたはずでは?」など、以前のエピで小出しにされてきたネタが見事に無視されて、なかったことになっちゃってたとか。
そういう杜撰さはいただけないわー。
まあ話数が短いので、悠長にキャラを掘り下げたり、ストーリーラインの破綻を検証したりする時間はないのかもしれないけど。主人公ふたりのおいしい部分を主眼においた画面づくり&話し作りをしているため、どうしても全体としてぴしっと締めてくれる部分が弱い。

が。

穿った見方をすれば、製作総指揮のジェフEは、それを判っててあえて、バッサリと要らない部分を切る、引いていえばニルの魅力を全面に押し出すために、他を潔く端折る、という手法を取っているのではないか、という感じも受けます。
確信犯ですね。
こうなると、もうストーリーの整合性だとか、脚本のクオリティとかは、どうでもいい、ということになってきます。マッティが美しくて可愛らしければそれでいいんだわ!と。
S3は、鬱陶しい皿も出張ってくるので、そういう見方をするほうが、精神的には安心なのかもしれませんねー。

それにしても、WC1エピの出演料が8万ドル~10万ドルって……すごい出世だわーーマッティ&Tぃむ!!
  1. 2011/04/01(金) 07:00:59|
  2. 海外ドラマ
  3. | コメント:0
<<二人のあいのかたち | ホーム | 拍手お返事>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

守宮兎

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Category

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。